健康カテゴリの記事一覧

むくみ 気になりませんか?

成人の体の約60%は水分。
そのうち細胞を構成している水分は3分の2。
残り3分の1は細胞外液(さいぼうがいえき)といい、
このうち血管内を流れるものを除いたものを間質液(かんしつえき)といいます。
むくみは血管内から血管外へ水分が移動し、間質液が増えることで起こります。
また、普段は一定に保たれているカリウムとナトリウムのバランスがくずれ、相対的にナトリウム濃度が上がったり、リンパ液の流れが悪くなったりすることによってもむくみが起こります。
女性が生理前にむくみやすいのは、黄体ホルモンが水をためる作用があるためです。
また女性は、血液を心臓に戻すサポートをする下肢(脚)の筋肉量が少ないために、足がむくみやすいのです。
一般的なむくみは、適度な運動、ストレッチ、マッサージ、温浴などで改善できます。
女性は男性に比べてカリウムが少ないそうですので、むくみの気になる人は、カリウムを意識して摂りましょう。
カリウムの多い食品は、りんご、バナナ、キウイ、柑橘類、牛乳、豆類、きのこ、海草などです。

最後に、
むくみがいつまでも続いたり、ひどくなる場合は、病気の可能性もあります。
腎臓疾患の場合は、顔や目の回りがむくみやすく、
心臓疾患の場合は、下半身がむくみ、静脈が浮き出てくるそうです。