紫外線によるダメージ

紫外線が一番強い時期になってきました。
今回はより科学的に紫外線の怖さを説明したいと思います。

紫外線は波長が長いほうからUVA、UVB、UVCに分類されます。
波長が短いほど傷害性が高くなります。
一番凶悪なUVCは殺菌灯にも使われていますが、オゾン層で吸収されます。
オゾン層って大事なんですね。
オゾン層で吸収されなかったUVAとUVBが日焼けをおこします。
UVBは皮膚の浅い部分に届き、細胞のDNAに直接吸収されると、DNAの構造が変化して DNAに「傷」ができます。
細胞には修復機能がそなわっていて、DNAをもとの状態に戻そうとします。
その修復反応がきかっけになって炎症反応がおきます。
さらに この炎症反応によって発生する物質は メラニン細胞を刺激してメラニンを合成させます。
メラニンはいわば“DNAの日傘”として働き、体を防御しています。
ですから日焼けしても黒くならない人は より紫外線に注意しなくてはいけません。

UVAは皮膚深部にまで到達し、細胞内の分子に吸収され、活性酸素を発生させます。活性酸素は細胞膜や細胞内の物質に傷害をあたえて、細胞の老化を進めます。それがシワ、シミとなってあらわれるのです。

UVBもUVAも活性酸素を発生させ、「光老化」をもたらします。
雨の日でも紫外線は20〜30%地表に降りそそいでいますので、油断せずしっかりガードしましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。