サンダルは足のアクセサリー

サンダルは素材も色もデザイン豊富で、見ているだけで楽しいですね。
ガラスや宝石がちりばめられていたり、ほんとにアクセサリー的になっています。
実際、1日履き続けるとどうなのかなと思うものもありますが、
若い女性には、そんなこと悩むまでもなくファッション優先だと思います。
繊細で足に負担をかけそうな靴ほど、ステキに見えるのは間違いありません。
私は甲高幅広足ですので、ほとんどのサンダルから拒否されていますが、つい見とれてしまいます。
ほんとに履かなくても、飾っておきたいほどです。
靴を100足も200足も買う人の気持ちがちょっとわかります。
私も余裕があれば、そうしてしまう可能性大です。 笑

そっれって、よくないかも!

皆さんのオフィスでも、女性が保湿用の水スプレーや脂取り紙で、化粧直しをする光景はよく見られることと思います。
それが実は、肌のためにはマイナスのようなのです。

■ 水スプレー
冷房による乾燥を防ぐために、エヴィアン水などの水スプレーをシュと吹きかけていましたが、これはかえってマイナスになるそうです。
皮膚表面に残った水分は皮膚温で蒸発しはじます。
すると逆に水分を奪って肌がつっぱった状態になります。
水分を補給したら、その後にブロックすることが大事です。
少量の乳液などをを顔全体に包み込むように押さえます。
油分を少しでも含んでいれば、乾燥を防ぐことができます。

■ 脂取り紙
皮脂表面の天然のクリームが「皮脂幕」といわれているものです。
これは皮脂腺から出る脂分と汗腺から出る汗(水分)が混ざり合ったものです。
脂取り紙は脂と同時に水分も吸い取ってしまいます。
一時的には効果的ですが、いつも続けていると肌の乾燥と脂分の過剰は激しくなり、テカリの原因になってしまいます。
ティッシュで軽く押さえて、その後パウダリーファンデーションか仕上げ用パウダーを軽くはたく。

肌のことを知って、上手にケアしましょう。

次々に開発される化粧品の新成分

化粧品は全成分表示が義務づけられています。
そしてパッケージの表示は、薬事法で決められた名称になっています。
というのも成分名には、各社で命名した独自のものもあるからです。
新しい成分は日々開発され、毎年新製品として発売されます。
現在注目されているのは、アンチエイジング商品。
その中でも抗酸化成分がリードしています。
その中で最もヒットしたコエンザイムQ10は、市中に溢れていますね。
新たに注目されているのが、フランス海洋松の樹皮から採れる抗酸化物質のピクノジェノール配合のスキンケアです。
次に話題になりそうなのが、水溶性フラーレンという炭素からできた物質です。
抗酸化作用やメラニン生成抑制効果が期待できる特許成分です。
主なものの成分と効能を紹介します。

・コエンザイムQ10
抗酸化作用
・ヒアルロン酸
真皮に対する水分補給保持作用
・コラーゲン
真皮に対する水分補給、張り回復
・アミノ酸
角質層に対する潤い補給作用
・アルブチン
美白作用
・レチノール
シワ取り作用

化粧品は 広告のイメージに流されず、成分もしっかりチェックして自分にあったものを選びたいですね。

食物繊維を再確認

ダイエットや快便のために、食物繊維が良いことは皆さんご存知だと思いますが、
食物繊維について今一度 確認してみましょう。

食物繊維は大きく2つに分けられます。
「水溶性」と「不溶性」です。

●水溶性食物繊維
粘り気があり、保水性が高いのが特徴です。
コレステロールは、腸管中で胆汁酸によって乳化され「ミセル」という集合体になります。
ミセルになることでコレステロールは小腸の壁から吸収されます。
水溶性食物繊維は このミセルを吸着して便と共に排出します。
その結果、コレステロールの吸収をやわらげることができます。
ペクチン、アルギン酸、マンナンなどが分類されます。

●不溶性食物繊維
水に溶けませんが、水分を吸着して便をやわらかくして量を増やし、消化器官を通過する時間を短くして、便通をスムーズにします。
セルロース、不溶性ペクチン、キチンなどが分類されます。

食物繊維は種類ごとに、体への働きかけ方が異なります。
多くの種類をバランスよく取ることが望ましいようです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。