「医薬部外品」と「化粧品」

私たちが口にするクスリや、肌に直接つける化粧品などは、『薬事法』という厳しい法律によって、原料から製造方法、ラベルに表示しなければならない内容や、広告の表現までキメ細かく規制されています。

化粧品は、法律上「医薬部外品」と「化粧品」に分類されます。
「医薬部外品」は お役所が品質を厳しくチェックしているので、効果・効能を宣伝してもいいとされています。
医薬部外品の方が安心で、効き目もありそうと思いがちですが、必ずしもそうとはいえません。
天然成分でも、医薬部外品として認められていないものもたくさんあるそうです。
しかも、医薬部外品は、薬に準じるものということで、濃度の配合規則があります。
これに対して化粧品は、成分濃度の規定がありませんから、美白とかシワ対策といった目的のために高濃度に成分を配合することができます。
また化粧品は、2001年4月に規制緩和されて、構成労働大臣の承認・認可制が廃止され、各メーカーがその責任において自由に化粧品を作って良いかわりに、使った成分はすべて表示することになりました。
もちろん、どんな成分を配合しても良いというわけではなく、配合可能成分が指定されていたり、配合禁止成分があったり、安全性は守られています。
ちなみに化粧品の全成分表示は、配合されている量が多い順に表示してあり、配合量が1%以下の成分は、その後に順不同で表示されています。

※医薬部外品も平成18年4月1日から全成分表示になっています。
あくまで自主基準ですが、ほとんどのメーカーが透明性ある企業イメージを表明するために、全成分表示に切り替えています。