靴がはけない外反母趾( がいはんぼし)

右足の外反母趾が進み、履ける靴を見つけるのが困難になってしまいした。

ネットで調べましたら、外反母趾には5分類あるそうです。
私のは「仮骨性外反母趾」
親指の付け根の骨が出っ張ってるものでした。
足の先の狭い靴でも履こうものなら、ものの10分で頭までキーンと神経にくるような痛みに襲われます。
私もですが、ほとんどの人が外反母趾は、靴のせいだと思っているようですが、
靴だけのせいではなく、筋肉の衰えが大きいのだそうです。
ですから、外反母趾の予防、治療は足の筋肉を鍛えることが必須です。
その方法を3つほど紹介します。
1、足指で、グー・チョキ・パー
2、タオル寄せ運動
(床に置いたタオルを足の指でたぐり寄せる)
3、ホーマン体操
(ゴムバンドを左右の親指にかけ、足先を開く)
私は「足指グー・チョキ・パー」を夜お風呂やエクササイズの時にやっています。
思うように指が開かなくて、足がつったりします。とほほ

外反母趾になった人は、これ以上悪くならないように、
まだ出ていない人も、ならないように、ちょっとした時間に足指を動かしてみましょう。
なってしまったら、おしゃれな靴が履けなくて悲惨ですよ。ほんと(涙)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。