ターンオーバー

研磨剤入りのスクラブなどに「角質を落としてすべすべの肌に」などと書かれてありますが、どうも角質はとりすぎてはいけないようですよ。

私たちの肌は角質で守られています。
角質層の最上層が毎日犠牲になりながら肌を守り、役目を果たしたあと、はがれていきます。
この肌の新陳代謝のことを「ターンオーバー」といいます。
ターンオーバーにかかる時間は、健康な肌で28日といわれています。
肌の素晴らしいところは、多少のダメージなら角質層を犠牲にしながらも、明日は元通り元気な姿を見せることができる点です。
しかし角質層の犠牲が大きいと(例えば一層でなく二層はがれてしまった場合)、肌とダメージの力バランスが崩れ、肌は立ち直るのが困難になり、トラブルを招きやすくなります。
ですから角質は無理にはがすのではなく、ターンオーバーにまかせましょう。

むくみ 気になりませんか?

成人の体の約60%は水分。
そのうち細胞を構成している水分は3分の2。
残り3分の1は細胞外液(さいぼうがいえき)といい、
このうち血管内を流れるものを除いたものを間質液(かんしつえき)といいます。
むくみは血管内から血管外へ水分が移動し、間質液が増えることで起こります。
また、普段は一定に保たれているカリウムとナトリウムのバランスがくずれ、相対的にナトリウム濃度が上がったり、リンパ液の流れが悪くなったりすることによってもむくみが起こります。
女性が生理前にむくみやすいのは、黄体ホルモンが水をためる作用があるためです。
また女性は、血液を心臓に戻すサポートをする下肢(脚)の筋肉量が少ないために、足がむくみやすいのです。
一般的なむくみは、適度な運動、ストレッチ、マッサージ、温浴などで改善できます。
女性は男性に比べてカリウムが少ないそうですので、むくみの気になる人は、カリウムを意識して摂りましょう。
カリウムの多い食品は、りんご、バナナ、キウイ、柑橘類、牛乳、豆類、きのこ、海草などです。

最後に、
むくみがいつまでも続いたり、ひどくなる場合は、病気の可能性もあります。
腎臓疾患の場合は、顔や目の回りがむくみやすく、
心臓疾患の場合は、下半身がむくみ、静脈が浮き出てくるそうです。

唇が切れるのは

唇が荒れてたてに切れてしまうこと、冬場にありますね。
痛いし、口紅も乗らなくて困ります。
これは実は潤い不足というよりは、消化不良の状態なんだそうです。

唇は食堂や胃腸を経て肛門に至る一続きの管の入口です。
痔で肛門が切れるのも、唇がピリッといくのも、消化管全体が熱を持っているときに起こりやすいのです。
唇が切れたら、まずは食事を控えましょう。
食べ過ぎを続けると、今度は口のはしに炎症がでます。
口のはしの炎症、経験ありませんか?
食べすぎ信号ですよ。

唇は粘膜の一部なので、皮膚ほど角質層が発達していません。
皮脂腺や汗腺もないので水分を保持することが難しい部分です。
優しくケアしましょう。

爪には体のコンディションが表れる

爪には血液の色が直接表れます。
血流がよいときれいな桜色になります。
爪に縦じわがいっぱい入ると肝臓系統にトラブルがあるとか、
白い点が出ると良くないとか、健康の目安にもなります。
爪の状態は刻々と変わります。
今日作られた爪に今日のコンディションが記録されていきます。
爪を見れば、過去の体の状態が判断できるということです。
私は時々、爪の先が剥がれやすくなったりすることがありますが、
体調が乱れているかもしれないと思わないといけませんね。
これからもちょっと気にして爪を観察していきたいと思います。
それから病院に行くときは、マニキュアを落としていったほうがいいですよ。

ちなみに手の親指の爪のはえぎわを刺激すると、
目の緊張を緩める効果があるそうです。

気になる足のにおい

私は足もよく汗をかきます。
なので夏場はとても足の臭いが気になります。
素足でサンダルを履いた時など、コットンで足を拭いたりします。
私は汗っかきだから、臭いもきついのかと思っていましたが、
足の裏はみんな例外なく臭いんですって。

それは足の裏の真ん中に「湧泉(わくせん)」という腎臓の機能をつかさどるツボがあるからです。
おしっこでは捨てきれない排泄物の濃い成分を、足の裏の湧泉(わくせん)というツボを通して捨てているんだそうです。
だから臭くてあたりまえ。
私だけじゃなかった! ホッ

人の足はもともと、砂や土の上をはだして歩くようにデザインされています。
はだしで歩いた時代は、汚いものも捨てやすかったと思います。
今は、ストッキングや靴で一日中、塞がれて足の裏も息苦しいかもしれません。
気持ちよく排泄させて、清潔にしてあげたいですね。

体脂肪はどうしてわかるの?

体脂肪計はなぜ瞬時に体脂肪がわかるのか不思議でしたが、
わかりやすい説明を見つけました。

計測器は体に弱い電流を流して測定していました。
体の筋肉は水分を多く含むため電気を通しやすく、脂肪は水分を含まないため電気を通しません。
この性質を利用して電気抵抗から体脂肪の割合を算出しているのです。
へー、電流を流していたんだ。ほー

体脂肪を計ると1日を通して変動しています。
でも実際には体脂肪量が変わっているわけではありません。
食事や運動、入浴によって体内の水分が変化するため、相対的に体脂肪率が上下するように見えるということです。

腰湯で気分爽快

入浴中に頭皮や首筋から大量に出る汗には、中枢神経系統化から捨てられる疲労物質がたくさん含まれているうえ、筋肉から出る老廃物を自主的に捨てる効果もあるそうです。
発汗で中枢神経をクリーニングしているわけですね。
入浴は疲れを取るだけではなく、爽快感も得られます。

それでは、バスエクササイズ「腰湯」をはじめましょう。
まず、おへそがかくれるくらいのお湯を張ります。
温度は、少し熱めで45〜47度。
首にタオルを巻きます。
これは「大椎(だいつい)」をあたためるためです。
「大椎」は発汗をうながす温度センサーです。
上半身の冷え防止策として、Tシャツを着ます。
ひじが冷えると大椎のセンサーの動きが鈍るので、長袖にします。
※水を口に含むと、さらに発汗がうながせます。
15分程つかり、玉のような汗が出てきたら腰湯エクササイズ完了です。
その日の気分であれこれ入浴剤を変えて、リッチな気分を味わうのもいいですね。

※水を口に含む
口に水を含んで、体に「水分が補給されますよ」とメッセージを伝えておくと、体は安心して汗をかきます。
方法は、
口に水を含んで3分ほどそのままに。
吐き捨てて、うがいをする。
これを2・3回続ける。

あなたの靴底 きれいに減っていますか?

あなたは素足を人前にさらせますか?
私は恥ずかしくて出来ません。
外反母趾ですし、小指の爪がつぶれてますし、ずんぐりむっくりの足ですし・・。トホホ
皆さんの中にも合わない靴やヒールの高い靴のせいで、変形したり、魚の目タコの目ができてる方も多いのでは。
たいていは間違った靴選びのせいが原因になっているようです。
靴底の減り具合をチェックすると、靴が足にあっているかどうか簡単にわかります。
●靴の外側が減る
足にかかる重心が外側にぶれています。
O脚の人に多い傾向があります。
姿勢が悪くなったり、腰や膝に負担がかかりやすい状態になっています。
●靴の内側が減る
膝が曲がっている人や、猫背の人に多く見られます。
足にタコや魚の目がよくできます。
●つま先の減りが大きい
ヒールが高いせいで、つま先に力がかかりすぎて 前傾姿勢で歩いている人に多く見られます。
外反母趾や内反小趾になりやすいです。

そこで靴選びが重要になってきますが、ほんとに靴選びは難しいですね。
履きやすい靴はファッション性に欠けますし、デザイン重視で選ぶと 履き心地を犠牲にしなけらばなりません。
女性はたいてい靴を買う時に、この機能性とデザイン性を秤にかけて悩んでいるのではないでしょうか。
靴もファッションの重要な一部。どんなに洋服をかっこよくキメても、靴の選択をミスすれば、おじゃんになってしまいます。
足にやさしくない靴も時には履きます。
対策としては、長い時間苦しい靴をはかないようにすることでしょうか。
替えの靴を用意して、なるべく足を早く楽にしてあげましょう。
自分の足のことを再確認するためにも、できたらシューフィッターに相談したいですね。
インソール(足底板)をオーダーすることができたらベストですが、これは作るのに手間と時間とお金の余裕が必要です。

足も年齢や運動状態とともに幅や長さなどが変わっていくそうです。
足を衰えさせないように、しっかり歩くことを生活に取り入れたいですね。
そして歩く時は正しい姿勢を意識しましょう。

肌をよみがえらせるフォトフェイシャル治療

フォトフェイシャルはアメリカから導入された肌老化を改善する治療法で、
IPL(Intense Pulesd Light)ともいいます。
直訳すると、強力なパルス光線を照射する治療法です。
レーザー光が一点に集中するのに対して、IPLは照射面積が広く、顔全体にぼんやりとやさしく当ります。
IPLが当ると、シミやソバカス、あざなどに光が取り込まれて熱に変化し、高温になって組織を破壊します。
その結果、表皮の代謝が高まって色素沈着が目立たなくなります。
毛細血管拡張や赤ら顔にも、改善効果が期待できます。
また肌にハリが出て、きめが整い、小じわが目立たなくなる効果も期待できます。
これは真皮に熱が伝わって、その刺激でコラーゲンを作り出す線維芽細胞が活性化され、コラーゲンやヒアルロン酸を作る力が高まるためだと考えられます。
フォトフェイシャルはレーザー治療のような即効性はありません。
緩やかに効果が現れます。
1回5〜10分の照射を、間をあけて5回行うのが基本のようです。
治療後、多少 ヒリヒリしたり赤くなることがあるそうですが、レーザー治療やピーリングなどに比べてずっと肌ダメージは軽くてすみます。

興味がありますが、体験者の声を聞きたいところですね。

ダイエットの壁

肥満は遺伝すると思われていますが、遺伝のせいばかりにしてはいけません。
肥満は遺伝が3、環境が7ぐらいの割合だそうです。
両親が肥満だと、家庭の食事が高カロリーなものになりがち。
遺伝子というよりも生活習慣に原因があります。

人間の歴史は飢餓の歴史といっていいくらい、飢えと戦ってきました。
そのため人間の体は危機に備えて、脂肪を蓄えるようにできています。

ダイエットを始めると、最初は順調に減っていきますが、実はこれは体脂肪が減っているのではなく、体内の水分が減っていることがほとんどです。
その後も1ヶ月ほどは徐々に減っていきますが、それを過ぎるとあまり減らなくなります。
この時も少しずつ減っているのは体脂肪ではなく、筋肉なのです。
私たちの体はまず、熱を発散させる筋肉を減らして、蓄えた脂肪を減らさないようにします。
つまり、筋肉を減らして基礎代謝を低下させ、少ないエネルギー消費で体を維持しようとするのです。
筋肉が減って基礎代謝が落ちれば、摂取カロリーを減らしてもあまり意味がありません。
これがダイエットでぶつかる「体重停滞期」です。
この停滞期に 気持ちがくじけて、やけ食いしたり、あきらめたりして、リバウンドを起こしてしまうんですね。
ウンウンとうなずいてしまった方。同士です。泣

この筋肉と基礎代謝と停滞期のことを理解して、長期戦略でダイエットに向き合わないといけません。

貧血の人は、食事中にお茶はNG

女性は月経のせいもあって、鉄欠乏性貧血の人が多いようです。
わたしも昔からずっと慢性的な貧血でした。
恒常的な貧血だったので、それが普通の状態だと思っていました。
貧血がきちんと治ってから、自分は病的な状態だったんだと気づきました。
おバカです。
貧血がひどいと、まるで心臓病のようにちょっとした運動で息があがったり、体がだるかったりします。
血液中の鉄分は酸素を運搬するヘモグロビンの材料なので、鉄分が不足すると体全体が酸欠状態に陥ってしまうからです。
鉄分はお茶やコーヒーに含まれるタンニンと結びつきやすく、一度タンニンと結びついた鉄分は、もう体に摂りいれることはできません。
なので、貧血の気がある人は、食事中にお茶やコーヒーを飲むのはさけたほうがいいようです。
せっかくの鉄分が吸収されませんからね。

女性ホルモンは美肌ホルモン

女性の肌は 月経によって大きく影響を受けます。
というのも、
卵胞ホルモン(エストロゲン)は、真皮細胞を活性化してコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促し、
黄体ホルモン(プロゲステロン)は、皮脂の分泌を盛んにします。
そのために排卵前は肌にハリとうるおいがあり、月経前になると皮脂が増えるので、ニキビや吹き出物ができやすい状態になります。
このように 女性の肌は女性ホルモンの影響が大きいので、女性ホルモンの交代がスムーズにいかない更年期になると、悲しいかな ハリとうるおいが失われていきます。
ホルモンのバランスは自律神経の不調も招くので、更年期には体の不調が出やすいのです。
女性にはきつい関所ですね。
ホルモン療法などもあるようですが、ホルモンは微量で大きな影響が出るため、その使用は慎重にならざるをえません。
そこでおすすめなのが大豆イソフラボンの効果です。
大豆イソフラボンは、体内に入るとエストロゲンに似た作用をするので、エストロゲンの分泌低下によるさまざまなトラブルを緩和してくれます。
エストロゲンと同じように、血液中の脂質の増加を防ぐ作用もあります。
さらに、乳がんや子宮がんのリスクを低下させる作用も期待されています。
大豆イソフラボンはビタミンEを一緒にとると、単独でとるよりも効果的です。
大豆は身近な食品ですし、積極的に摂りいれたいものです。

私はあまり納豆が好きではありませんでしたが、納豆の効果を知って、毎日1食を目標に続けてきました。
そしたらいつのまにか好物になってしまいました。
皆さんのなかに納豆嫌いの方がいらしたら、納豆はすぐれた健康食品ですので、是非とも好きになっていただきたいです。

蒸しタオルの効果

濃いメイクをした日などは、メイクを落としてから蒸しタオルをのせてしばらくおくと、毛穴が開いて汚れがきれいに落とせます。
熱が冷めたら取り替えて2度くらい繰り返すとよいかもしれません。
注意したいのは、蒸しタオルをした後の肌は乾燥しやすいこと。
皮膚温が下がるともに、一気に水分が蒸発するので、
早めに化粧水をつけましょう。
血行がよくなっているので、保湿効果のある美容液を重ねれば、
より潤い肌に。
目の下のくまやむくみ、眠っている間についたすじなどにも蒸しタオルはおすすめです。
冷やしたタオルと交互にのせれば、さらに血行促進効果が。
簡単セルフエステですね。

香りは心と体をいやす

臭覚は五感の中で、外部から受けた刺激がダイレクトに脳に伝わる 唯一の感覚なんですって。
他の感覚は何段階もの情報処理を経た末にようやく大脳皮質で統合されます。
ところが香りは、鼻腔の上部にあるレセプターが受け取った刺激が、ただちに情動を生む扁桃核や記憶をつかさどる海馬(かいば)、自律神経やホルモン分泌の司令塔である視床下部へと送られます。
だからこそ香りは、ダイレクトに気分に影響を与えてストレスを沈めることができるんですね。
ほかにも以下のような効果もあります。
・ドーパミンンの分泌を促してやる気を起こす
・交感神経の興奮を抑えてリラックス効果を得る
・ホルモンバランスの改善

アロマセラピーが人気なのもうなずけます。
ちなみにアロマセラピーとは、植物から抽出した香り成分を集めた精油を使って、天然の芳香物質を吸入して心身の不調を改善する療法です。

手軽に楽しむには、精油を2〜3滴落としてアロマバスにしたり、
ティッシュペーパーに1滴たらして吸い込むといったことでもいいですね。
私も仕事で疲れた時に、小さなケースにコットンを入れてそこに柑橘系の香りをたらしてリフレッシュしています。
いい香りは確かに気分をよくしてくれますね。

基礎代謝のこと

ダイエットの話はいろんな切り口がありますが、まずは基礎代謝の話を。
食べるわりには太らない人がいますが、その差は基礎代謝によるところが大です。
基礎代謝は呼吸や内臓を動かしたり、体温維持などに使われる生命維持に必要なエネルギー消費です。
この基礎代謝が1日に消費される総エネルギーの60〜70%を占めています。
思ったより多くて、だからこそ代謝を高める効果は大きいのです。
基礎代謝には個人差があります。たいてい痩せてる人は基礎代謝値が高いです。
基礎代謝は若い人ほど大きく、40代からは急激に減少していくそうです。
そういうことで中年太りになりやすいのですね。
肥満により体脂肪がたまると、基礎代謝がさらに低下するという悪循環に陥ります。
最近では肥満遺伝子の存在も明らかになって、どうせ肥満体質だからとあきらめモードになってる方はいませんか。
食生活や運動で基礎代謝をアップさせて、体脂肪をためないようにすることはできます。
いまから代謝力をつけましょう。
まずは筋力をつけること。
良質な筋肉を増やすことで、エネルギー消費が増えます。
そして食事は、脂質・糖質を減らして、タンパク質を積極的に摂りましょう。

この省エネの時代に、燃費が悪いほうが嬉しいのが ダイエット時の代謝ですね。 笑

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。